パウル・シュミット式バイオレゾナンスの経験報告

パウル・シュミット式バイオレゾナンスの経験報告

- アレルギー -花粉症、神経性皮膚炎

12歳の少年の問題が、2か月後には解消。

クライアントは出生直後から、花粉症と神経性皮膚炎に苦しんでいた。主なアレルゲンは花粉、ヘーゼルンナッツ、ハンノキ。

バイオレゾナンスの分析は、免疫システム、気道、消化システムにエネルジェティックの障害を示した。

2か月後にはすでに問題が解消していた。

事例報告 »

報告はケルスティン・ポイシェル(外科・胸部外科・自然療法専門医)、パウル・シュミット・クリニック(PSK)、ベルリンゲローデによる。

 

Zugang für Mitglieder der Vereinigung zur Förderung der Schwingungsmedizin e.V.:

Falls Sie Ihre Mitglieder-Zugangsdaten noch nicht haben, registrieren Sie sich bitte über die Geschäftsstelle der Vereinigung.

重要:経験報告に述べられていることはすべて、エネルジェティック(気の流れ)の観点から観察されたことで、西洋医学の観点とは異なります。バイオレゾナンスは、経験に基づく代替療法の分野のものです。従来の西洋医学は今まで、バイオエネルジェティックの振動の効果を、今まで受容も承認もしていません。ですからここに述べられていることは、最新の科学知識を大幅に超えたものであることがあります。このページは、皆様に情報を与え、新しい提起をするためにあります。具体的に病気にかかっている際に、医師や療法士の代わりになるものでは、決してありません。事例報告は方向付けと学習のためのものです。ほかのケースにトリートメントの推奨として使うには不適です。それは似たようなケースである場合にも言えます。個々のケースのそれぞれの状況が、常に決定的なのです。ですから事例報告が、それぞれのクライアントを具体的にそれぞれ測定し、トリートメントを行うことの代わりにはならないのです。

By continuing to use the site, you agree to the use of cookies. more information

The cookie settings on this website are set to "allow cookies" to give you the best browsing experience possible. If you continue to use this website without changing your cookie settings or you click "Accept" below then you are consenting to this.

Close