パウル・シュミット式バイオレゾナンスの経験報告

パウル・シュミット式バイオレゾナンスの経験報告

- 生理痛、めまい、頭痛

一年後には問題解消。
54歳のクライアントが、少女時代に生理が始まってから、定期的に腹部の強い痛みに悩まされていた。それは生理前と生理中であった。また頭痛、めまい、肩こり、気分落ち込みがあった。そうした問題には、嘔吐と食欲不振が伴うことが多かった。
バイオレゾナンスで分析すると、肝臓・胆嚢・膵臓システムを含む消化システムの、エネルジェティック調整障害があった。特に膵臓、ウイルス性微生物に対して抵抗する免疫システム、ホルモンシステムである。
クライアントはすぐに回復し始め、一年後には問題が解消した。

事例報告 »


報告は宮永敏郎による。日本の療法士、宮崎県

 

Zugang für Mitglieder der Vereinigung zur Förderung der Schwingungsmedizin e.V.:

Falls Sie Ihre Mitglieder-Zugangsdaten noch nicht haben, registrieren Sie sich bitte über die Geschäftsstelle der Vereinigung.

重要:経験報告に述べられていることはすべて、エネルジェティック(気の流れ)の観点から観察されたことで、西洋医学の観点とは異なります。バイオレゾナンスは、経験に基づく代替療法の分野のものです。従来の西洋医学は今まで、バイオエネルジェティックの振動の効果を、今まで受容も承認もしていません。ですからここに述べられていることは、最新の科学知識を大幅に超えたものであることがあります。このページは、皆様に情報を与え、新しい提起をするためにあります。具体的に病気にかかっている際に、医師や療法士の代わりになるものでは、決してありません。事例報告は方向付けと学習のためのものです。ほかのケースにトリートメントの推奨として使うには不適です。それは似たようなケースである場合にも言えます。個々のケースのそれぞれの状況が、常に決定的なのです。ですから事例報告が、それぞれのクライアントを具体的にそれぞれ測定し、トリートメントを行うことの代わりにはならないのです。