パウル・シュミット式バイオレゾナンスの経験報告

パウル・シュミット式バイオレゾナンスの経験報告

H - ホルモンシステム

- 心理 - 神経システム、ホルモンシステム、不安

様々な不安状態が四か月で解消。

ここに保存: , ,

読む »

- 生理痛、めまい、頭痛

<strong>40年来の生理痛を1年で解消。

ここに保存: , , , ,

読む »

- ホルモンシステム - 異常調節

ほてりの発作と高血圧、8週間のトリートメントで解消。

ここに保存: ,

読む »

- ホルモンシステム ‐ ホルモンと呼吸

ホルモンシステムに関わる呼吸困難を、1か月で解消。

ここに保存: ,

読む »

- ホルモンシステム - 子供を授からない

父親になる望みがかなう

ここに保存:

読む »

- ホルモンシステム

不妊を含む様々な問題、6か月で解消。

ここに保存:

読む »

, , , - アレルギー - ホルモンシステム、リンパシステム、免疫システム

さまざまな自己免疫疾患、9か月で安定。

ここに保存: , , ,

読む »

重要:経験報告に述べられていることはすべて、エネルジェティック(気の流れ)の観点から観察されたことで、西洋医学の観点とは異なります。バイオレゾナンスは、経験に基づく代替療法の分野のものです。従来の西洋医学は今まで、バイオエネルジェティックの振動の効果を、今まで受容も承認もしていません。ですからここに述べられていることは、最新の科学知識を大幅に超えたものであることがあります。このページは、皆様に情報を与え、新しい提起をするためにあります。具体的に病気にかかっている際に、医師や療法士の代わりになるものでは、決してありません。事例報告は方向付けと学習のためのものです。ほかのケースにトリートメントの推奨として使うには不適です。それは似たようなケースである場合にも言えます。個々のケースのそれぞれの状況が、常に決定的なのです。ですから事例報告が、それぞれのクライアントを具体的にそれぞれ測定し、トリートメントを行うことの代わりにはならないのです。